山口市吉敷中東A様邸 外壁塗装

外装戸建住宅

yos_a_top

A様との出会い

ホームページからお問い合わせいただきました。
築15年のとても落ち着いた色味のお住まいです。

早速現地調査へお伺いし、現状のご説明や今後の対策など
アドバイスさせていただきました。

使用する塗料は折角リフォームするなら、お住まいがグレードアップするような塗料を、
ということで断熱塗料ガイナをご選定いただきました。
お色の打ち合わせもイメージパースを用いてご検討いただきましたが、最終的には
新築時に気に入ってお選びになられた今まで通りの色、ということになりました。

よくある話ですが、”今と同じ色”というのが意外と難しいもので
いま見えている色は表面塗料が劣化した色であって、新築時の色ではありません。
水を掛けたり、色あせが少ない北面を一緒に眺めたりして、お色を選定させていただきました。


施工前

yos_a_00お打ち合わせに使用したイメージパース。
yos_a_01

yos_a_02外壁を手で撫でるとこのとおり。

サイディングそのものが
直接風雨にさらされている状況で、
この状態を放置すると
たちまち劣化していきます。


施工中

yos_a_03足場を設置し、早速高圧洗浄です。
yos_a_04屋根は窯業瓦なので塗装しませんが、
谷板金は劣化すると
錆びて穴が開いてしまうかもしれないところ。しっかりとケレンし、
表面の塗料の塗替えをいたします。
yos_a_05錆止。
yos_a_06トップコート。
yos_a_07シーリングもかなりの量を打替えさせて
いただきました。撤去後にしっかりとプライマーを塗布していきます。
yos_a_08
yos_a_09
yos_a_10
yos_a_11各部ケレン作業です。凹凸もありかなり手間のかかる作業ですが
隅々まで丁寧にケレンしていくことで
トップコートの耐久性に大いに影響します。
yos_a_12破風板。
yos_a_13軒天。
yos_a_14化粧部材。
yos_a_15雨樋。
yos_a_16エアコンの配管カバー。
yos_a_17庇。
yos_a_18バルコニー笠木。
yos_a_19ケレンを一通り終えると、
塗装工事の再開です。軒天。
yos_a_20壁はガイナの前の下塗りです。
yos_a_21ガイナ塗布。今回のサイディングはかなり凸凹しているため、
塗り忘れのないよう、特に気を付けて
作業する必要があります。
yos_a_22フラワーボックス。
yos_a_23雨樋。
yos_a_24
yos_a_25バルコニー笠木。
yos_a_26
yos_a_27
yos_a_28排気フードも綺麗にお色直しです。
yos_a_29最後に基礎巾木を塗装。
yos_a_30玄関アプローチの塀の塗装も
ご依頼いただきました。クラック発生部にはメッシュシートを施工し
今後開かないようにします。
yos_a_31下塗り。
yos_a_32コテでパターンを復旧させます。
yos_a_33仕上げは塗装です。
yos_a_34完成!

施工後

yos_a_36軒天。
yos_a_37雨樋。
yos_a_38壁。
yos_a_39庇。
yos_a_40シャッターボックス。
yos_a_41換気フード。
yos_a_42エアコン配管カバー。
yos_a_43養生の精度が高いと
本当に仕上がりが綺麗ですよね。
yos_a_44
yos_a_45雨が降ったときに
玄関ポーチが濡れやすいということで、
ご自宅にピッタリの
上吊り庇を取付させていただきました。
yos_a_46
yos_a_47

yos_a_before yos_a_after


最後に

細かいところまで丁寧に塗装させていただきました。
熟慮を重ねお選びになられた色も、最初は少し明るすぎた?なんて
心配をされたときもありましたが、とても素敵な色になったと思います。
エコで快適な暮らしをAさまにはお送りいただきたいと思います。

A様 ありがとうございました