山口市大内御堀T様邸 外壁塗装

外装戸建住宅

ouc_ttop

T様との出会い

築15年木造住宅2階建てのT様邸。
ここ最近頻繁に起こる雨漏りが気になり、お問い合わせいただきました。
雨漏りの原因究明は厄介なもので、優先順位を付け、可能性の高いものから
適切に対応していくことが求められます。
T様邸を拝見すると著しい外装全体のシーリングの劣化が見られ、まずはここの対策が必要でした。
Tさまとも相談し、新築時から一度も行っていない外壁塗装工事も一緒に施工させていただくことに。
漏水個所は勿論、外回りのシーリングをしっかりと見直しました。


施工前

ouc_t01板間目地。
シーリングとサイディングとの間に隙間が発生。
新築時の施工不良や
製品不良も考えられますが、
地震などにより
躯体が大きく動くことが原因の場合もあります。

ouc_t02バルコニー壁に設けられたデザイン開口部。

笠木もなく、シーリングのみの
防水機能に依存した施工の場合
特に注意が必要です。

シーリングはあくまで
補助的な防水方法と考えた方が良いでしょう。

ouc_t03笠木と外壁との取り合い部。

笠木が壁の中に入り込んでいる場合は
特に注意が必要です。

ouc_t04事前に打ち合わせた外観パース。
グレーとブラウンとの中間色で、
品のある色味になりました。
ouc_t05

施工中

ouc_t06先ずは足場の設置です。
ouc_t07一回目の塗装工事は特に下地作りが大切です。
今後、何度か繰り返される
塗装のベースになります。
ouc_t08凹凸も考慮し、適切な角度・距離から
丁寧に洗浄していきます。
ouc_t09洗浄を終え、十分に乾燥してから
シーリング工事に取り掛かります。将来を見据え、ほぼ全数を
打替えさせていただきました。

一本一本根気のいる作業です。

ouc_t10撤去後マスキングテープを施工し
プライマーを塗布。
ouc_t11シーリング充填作業。
ouc_t12シーリング施工完了。
ouc_t13板間は勿論、窓などの開口部も
シーリング材によって止水機能を
得ています。
ouc_t14養生後、早速軒天の塗装開始です。
刷毛とローラーを使い分け、
丁寧に進めていきます。
ouc_t15軒天を終えるといよいよ壁塗装です。

そのお宅の外装、そして劣化状況に応じて
適切な下地塗料を選定します。

選び間違えると数年で膨れや剥がれ、
変色を招くので注意が必要です。

ouc_t16断熱塗料ガイナ登場。

乾燥後は約80%もの成分を
セラミックビーズで形成する唯一無二の塗料です。

ouc_t17
ouc_t18破風・鼻隠しも丁寧にケレンします。
ouc_t19基礎水切りのケレン。
ouc_t20錆止めを塗布し仕上げます。
ouc_t21壁際の板金も丁寧にケレンしていきます。
ouc_t22
ouc_t23
ouc_t24
ouc_t25雨樋。
ouc_t26
ouc_t27どのお宅でも塗料の劣化が見られる
シャッターボックス。
ouc_t28最後に基礎巾木の塗装。
これからもしっかりと建物を支えてもらうため
こちらもきちんと塗装していきます。


施工後

ouc_tbefore ouc_tafter



最後に

ガイナで断熱し、新しくきれいになったT様邸。
いつまでも末永く快適に過ごしていただけたらと思います。

T様、ありがとうございました。