山口市宮野K様邸 外壁塗装

外装戸建住宅

yama_k_top

K様との出会い

山口市宮野のK様邸。
内装リフォームと合わせて、外装の塗り替えもという事で
次世代断熱塗料ガイナをご提案させていただきました。
ガイナは従来の塗料と大きく違い、家を守ったり、美観を回復したりという効果だけではなく、
まるで家じゅうの断熱改修工事をするのと同じような効果が生まれます。
たった数ミリの厚みで、夏は涼しく冬は暖かい住空間を実現。
デモ機などでその効果を体感されたK様にはすぐにご採用いただけました。


工事の様子

yama_k_01弾性スタッコ吹付が施してある既存の壁。

所々雨水侵入が原因でしょうか、
はがれているところも所々ありました。

yama_k_02塗料表層もご覧のとおり、
チョーキング現象が発生しており、
塗替えのサインが出ています。
yama_k_03軒天もところどころカビが発生していました。
yama_k_04
yama_k_05差し掛け内部の壁は雨漏りにより雨垂れが発生していることも多々あります。
壁との取り合い部もしっかりとコーキングを施し、雨漏り対策も抜かりなく行っていきます。
yama_k_06庇の鉄板部
ケレン後、錆止めを塗布してから上塗りをいたします。
yama_k_07ガイナ塗布後
yama_k_08錆が出ていた鉄骨造のバルコニーも、錆を落として錆止め処理をしたあと、塗装していきます。
yama_k_09カビが所々発生していた軒天も御覧の通り綺麗に。
木製の廻縁もしっかりと塗り分けることにより新築時の美観を取り戻しました。
yama_k_10換気フードや換気口もきれいに。
yama_k_11丁寧な養生を心がけることで、壁に取り付けてある照明などもより美しく見えます。
yama_k_12この度は、雨戸板も塗装させていただきました。
yama_k_13ガイナ塗布後の外壁面。
ガイナの厚みはおおよそ0.5ミリ。既存の凹凸が多少和らいで、優しい雰囲気になりました。
yama_k_14
yama_k_15
yama_k_16雨樋も部材がしっかりしていれば塗装をして耐候性をよみがえらせることもしばしですが、今回は全数新規に取り替えさせていただくことになりました。
yama_k_17しっかりと養生をしているので、樋の取り付け部分もしっかりと塗り分けできています。
yama_k_18
yama_k_19そして完成です!

施工前

yama_k_before


施工後

yama_k_after


最後に

実は内装のリフォームも一緒にご依頼いただきましたK様邸。
内外ともに新しく生まれ変わったお住まいで、一層快適な暮らしを
お送りいただけることと思います。
外壁はなんといっても次世代断熱塗料ガイナです。
一年を通じてその効果をご体感いただけるのではと思います。

K様、本当にありがとうございました。